• ホーム
  • 下剤乱用に注意・パンのカロリーはオーリスタットで

下剤乱用に注意・パンのカロリーはオーリスタットで

薬と計測用の紐

下剤を使えば、一時的に体重は減ります。
しかし、それはあくまで体内の水分が減っただけで肝心の体脂肪が減ったわけではありません。
ダイエットは、蓄積した体脂肪が減らなければ成功したとは言えません。

しかし、間違ったダイエット情報から下剤を使って痩せられると考えている人が増えています。
特に女性に多いようです。
女性は男性よりも腹筋が少なく、腸が冷える傾向にあるので便秘にもなりやすいです。
そのため、もともと下剤が手元にあったから使ってみたら痩せたという安易な結果からダイエット効果を判断してしまうようです。

下剤を使って減らせるのは水分だけで、それも水を飲めばすぐに元に戻ってしまいます。
また、市販の下剤は強制的に腸を動かす薬が多いため、常用してしまうと薬が効きにくくなってしまいます。
つまり薬に耐性ができてしまいます。
するとそれを補うために、最初は2錠だったのが3錠、4錠、と増えていき、最終的には何十錠も使ってしまうようになります。
体重が減ったからといって、下剤で痩せれば良いという発想は危険です。

オーリスタットというダイエット薬は脂肪を強制的に排出させて、摂取した脂肪のカロリーを減少させてくれる薬です。
こちらも脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害させて脂肪吸収を抑える薬なので使いすぎには注意が必要ですが、比較的安全に使えるとしてダイエット外来でも使われています。

オーリスタットでパンのカロリーが減らせるかということですが、これは食べたパンにどれだけ脂肪が含まれているかで変わってきます。
デニッシュ系やドーナッツ系は脂肪分が多いので、その分のカロリーはオーリスタットでダウン可能と言えます。
ただし、糖質が多めのパンにはあまり効果がないでしょう。

関連記事